クレジットカード現金化のメリットとデメリット

日常生活では現金が必要になり、その場に必要な金額がない時があります。
その場合いろいろな方法で用意しなければなりませんが、その方法のひとつにクレジットカード現金化があります。
クレジットカード現金化という行為自体があるということは、それにメリットがある人がいて、それを行うことになります。
しかし、同じことをしながらもデメリットになる人もいるので、その行為自体をよく理解しておく必要があります。
まず、クレジットカードを現金化すること自体がグレーゾーンの行為だと言われています。
クレジットカードはもともとショッピングをする為に使われるアイテムであり、サービスです。
また今ではキャッシングもできますので、キャッシングの上限までならば、わざわざ現金化をしなくても利用できます。
そのほかにもカードローンなどのサービスも豊富にありますので、金利などの面を見ても、そちらから借りる方法を考えたほうが効果的です。
問題はそれらの方法を利用できないほどの状態の場合です。
そうなるとお金に関しては黄色の信号が点滅している状態ということになります。

また、単純に手数料を見ても、それらのグレーゾーンのサービスでは、考えている以上に手数料が取られていて、実際に手にできる金額に比べて手数料が高すぎて、割に合わないという結果になります。
それがわかっていながら、現金化したいというのは、よほど困っているか、切羽詰まっている状態となりますが、もうその時には、お金を工面するのではなく、それ以外の方法ですべてを清算したほうが、あとあと楽になるかもしれません。
現金化しても、その後も返済をしなければならないからです。
お金がないので現金化するのですが、一時的な現金化で、返済はさらに大きな金額になるという、非常に割に合わない取引になります。
そこまでの状況になっているということは、どこかで間違ったお金の考え方や習慣、使い方などの結果ということになります。
ですので、まずは、原因と対策、これから長期的にどうするかということをよく考えて、良い結果となる対策を実行するのが必要な方法になります。